抜け毛が気になりだしたら、自身の栄養状態を確認しよう

血液と毛髪には密接な関係があります。頭髪のトラブルの主な原因が血行障害であることを考えると、髪に良い食べ物としては、浄血機能を高め、血行を促進するものが挙げられます。その他には、栄養バランスの是正に役立つものや、ストレスに対する抵抗力を強めるものが髪に良い食べ物です。

では、具体的にどんな食品があるのでしょうか。

大豆の持つ素晴らしさ

髪は、ほぼタンパク質で構成されていますが、良質なタンパク質をとるには、大豆製品が一番です。大豆は畑の肉ともいわれ、タンパク質の含有量は肉にも匹敵するほどの割合を占めています。しかも、大豆のタンパク質は水に溶けやすく、消化吸収のよいグリシニンが主成分です。

大豆にはさまざまなアミノ酸が含まれていますが、特に注目すべきは毛髪の原料として欠かせない含硫アミノ酸が多く含まれている点です。また、大豆にはタンパク質の他、リノール酸などの不飽和脂肪酸、ビタミンE,食物繊維などが豊富で、まさに栄養素の優等生なのです。

ビタミンEは毛髪の成長や抜け毛防止に効果があり、近年は老化防止にも役立つといわれています。さらに、不飽和脂肪酸は血管壁に沈着するコレステロールを除去するという優れた血液浄化作用があります。コレステロールや中性脂肪、あるいは糖分を過剰にとりすぎると、それらが血液中にとどまって、ドロドロの粘っこい血液になってしまうのです。

これでは、栄養分を体のすみずみまで行き渡らせることができません。

血管年齢を若返らせるために

最近は、血管年齢というワードをよく耳にしますが、加齢により血管が弾力性を失うばかりか、ドロドロした血液は血管へのダメージも大きく、血管をボロボロにしてしまいます。現代人には、実年齢より血管年齢のほうが上回っている人が多くなっています。

それが、動脈硬化や高脂血症などのさまざまな生活習慣病を招いているのです。そこで、威力を発揮するのが、血管をしなやかにする大豆のパワーです。(参照 … 発毛 名古屋 … 名古屋中央クリニック

大豆には女性ホルモンの働きに似たイソフラボンも含まれていて、これには動脈硬化の進行を抑える働きがあります。

しなやかな血管は血管年齢を若返らせ、健康的で豊かな毛髪を蘇らせてくれるのです。また、大豆にはミネラルの含有量も多く、亜鉛、銅、セレニウムなどの微量元素を含んでいるのが特徴です。亜鉛はタンパク質の合成に不可欠であり、銅はアミノ酸のチロジンを髪の着色素として働かせます。

さらに、セレニウムはビタミンEと一緒になって作用し、組織の老化を防ぎ、フケの予防にも役立ちます。

大豆を発酵させると?

まさに大豆は、毛髪の健康にとっていいことずくめです。その大豆を発酵させたのが日本人が古くから親しんできた納豆やみそです。大豆の成分をそのままに、発酵によってさらに消化のよいアミノ酸に変わるばかりか、納豆にはナットウキナーゼという血栓を溶かしたり、血栓をできにくくしたりする酵素が加わります。

また、酵素を多く含んだ食物をたくさん取ると、腸内ではビフィズス菌などの細菌が優勢になるため、異常発酵の予防になり、血液の浄化や血行促進にも役立つわけです。つまり、大豆製品は血液をサラサラにする理想的な食品であり、抜け毛が気になる人にとっても強い味方となります。

活性酸素を増やさないようにしよう

近年は、老化や生活習慣病、特にガンや動脈硬化を促進する要因として「活性酸素」の害が注目され始めました。活性酸素は非常に不安定な物質で、体内の至るところで細胞にとりつき、酸化させてしまいます。酸化とはいってみれば、体のサビのことです。

細胞分裂が活発な毛母細胞は、活性酸素のターゲットになりやすく、それが原因で毛髪の寿命を短くさせます。ストレスの他、激しい肉体運動、紫外線なども活性酸素を増やす要因になり、食べ物では肉や魚などの酸性食品、とりわけ鮮度の落ちた魚や時間のたった揚げ物は活性酸素を体内で発生させるもとになります。

反対に、活性酸素を退治してくれるのがビタミン類です。中でも、色鮮やかな緑黄色野菜には、βーカロチン、ビタミンC,ビタミンEなどの抗酸化ビタミンがたっぷり含まれています。ビタミンEは細胞の老化を防ぐと同時に、髪の原料となるシスチンの酸化も防ぎます。

また、血管拡張作用があり、血液の循環をよくします。活性酸素に対するビタミンEの攻撃を助けるのがビタミンCです。その他、ビタミンCには細胞を活性化させ、新陳代謝を促進するという働きがあり、これまた毛髪の成長には欠かせないビタミンです。

βーカロチンは体内でビタミンAに変わりますが、ビタミンAは抜け毛や白髪を防ぐには有効なビタミンです。というのも、ビタミンAは、副腎皮質ホルモンの分泌を盛んにし、ストレスに対する抵抗力を強める働きがあるからです。

髪の健康をサポートするビタミンB群

髪のもとになるタンパク質は、いったんアミノ酸に分解されてから再び合成されます。このタンパク質の代謝にかかわるのがビタミンB群で、髪のトラブルを抱えている人には、必要不可欠な栄養素といってもよいでしょう。

ビタミンB群の中で、特に注目したいのがリボフラビンです。リボフラビンは新陳代謝を活発にし、毛母細胞の分裂にも重要な役割を果たします。不足すると脂漏性湿疹などの頭皮のトラブルを起こしやすくなり、抜け毛の原因になります。

リボフラビンは、レバーやウナギ、青魚などに多く含まれます。ピリドキシンも皮膚の新陳代謝に大きく影響します。リボフラビンと同様に、不足するとフケが増えたり、脂漏性湿疹になりやすくなったりして、抜け毛につながります。

青魚の他、バナナやナッツ類にも豊富に含まれています。さらに、毛髪の状態をよくするのが、やはりビタミンの一種である葉酸です。葉酸はレバーのほか、ホウレンソウ、ブロッコリー、キュウリといった野菜にも多く含まれ、細胞増殖には欠かせないものです。

これらをすべて含んでいるのが、実は玄米なのです。最近は健康志向とあいまって、玄米が見直されているように、栄養的にもまさに申し分のない優れモノです。というのも、胚芽にはこれらのビタミンの他に、各種ミネラル、食物繊維、粗タンパク質、粗脂肪など、毛髪ばかりか、体に必要な栄養成分のほとんどが含まれているからです。

精米された白米は、そうしたせっかくの栄養分が根こそぎ削り取られ、残っているのは、ほとんど糖質だけです。玄米に比べ、栄養価は10分の1にすぎません。ですから、抜け毛を防ぎ、つややかな髪を維持するためには、玄米食が理想なのです。

パンについても同じことがいえます。小麦も精白しなければ、さまざまな栄養素を含んでいるのですが、精白することで炭水化物とタンパク質しか残らなくなってしまうのです。毛髪のことを考えるなら、未精白の黒パンのほうがよいというわけです。

気になる抜け毛対策にエッセンシャルオイルはもう使っていますか?